38歳バツイチ男が引き寄せの法則で心底惚れるような女性と出会えました!


38歳バツイチ男が引き寄せの法則で心底惚れるような女性と出会えました!



私は、38歳になる独身男です。

バツイチなんですけど、一人は寂しいですから、良い出会いを期待はしてました。

やっと、この人を守りたい!と思えるような女性と出会うことができたんです。

スポンサードリンク



私が結婚したのは、28歳の時。

2つ下の女性と、交際2年で結婚しました。

1人、子供が生まれて、楽しく過ごしていたはずなんですけど、31歳の時に、奥さんの浮気が原因で離婚することになりました。

子供が、まだ小さかったので、元奥さんの方が引き取ることにはなって、一人ぼっちで一からやり直すことになりました。

気楽と言えば気楽ですけど、急に一人になったので、寂しかったですね。

それでも、まだ30前半だし、すぐは無理だろうけど、この先出会いくらいあるだろうから、良い人と出会えたら、今度こそ頑張って幸せになるぞ!なんて思っていました。



でも、あっという間に7年が経ってしまいました。

その間、女性と仕事以外での出会いは、0です。

友達も少ないので紹介とかもありませんし、お酒も飲みませんから、出会うような場所に行くこともありません。

どうしよう・・・と思ったんですけど、どうにもなりません。



運命の女性とか言いますけど、そんな人が自分にはいるんだろうか?

もし、いるならどこに行けば出会えるのか?

むちゃくちゃ知りたかったです。



潜在意識の力って、本当にスゴイ!

最初は、一人で気楽だと思ってましたけど、ここまで一人ぼっちだと、さすがに寂しくなります。

とは言っても、出会いもないし。

そんな時に、ネットで運命の恋人を引き寄せる方法なんてものを見付けました。

まさに、私が知りたかったことなんですよね。

引き寄せの法則とか、潜在意識の活用とか、信じない人にとってはバカバカしいことかもしれませんけど、私はどちらかというと信じている方で、ちょっと不思議な経験もしたことがあったんですね。

でも、しっかり引き寄せの法則とか学んだことはなかったので、すごく興味を持ったんです。

四六時中ラブラブできる運命の恋人を引き寄せる極意【恋愛でうまくいく引き寄せの法則の解体新書】



この運命の恋人を引き寄せる方法を学び始めて、3ヶ月ほど経った頃に、出会いがありました。

ちょうど学び始めた頃に、友達が離婚することになったんですね。

久しぶりに飲みに付き合うことになって、私はお酒は飲みませんけど、居酒屋で友達の愚痴を、バツイチの先輩として聞いてあげました。

その流れで、友達が風俗でも行こう!なんて言い出したんです。

正直、一度も行ったことがなくて、でも性欲も溜まりますから、行っても良いかな?と思ったんです。

ところが、お互いにちょうど金銭面が厳しい時だったので、その時は断念したんですね。



そして、3ヶ月後のこと。

友達から連絡が来て、また会うことになって、前回行かれなかったから、今回は絶対に行くぞ!なんて、行く気満々になってたんです。

平日に休みの日があったので、真昼間から行くことになりました。

行った時に、2つのヘルス店で友達は迷ってしまって、どっちも良いなぁ!なんて言っていたんですけど、なぜかA店が気になって、そこに行くことにしました。



お店に入ると、壁に飾られた写真を見せられて、10人くらいの女性がいるようでした。

すると、なぜか1人の女性が気になりました。

指名して、実際に会ってみると、むちゃくちゃ好みの人だったんです。

Kちゃんとしておきます。

完全に一目惚れしてしまいました

そういうお店の女性を好きになっても、相手にされない!って分かってはいたんですけど、何日経っても忘れられなくて。



2週間ほどしてから、我慢できなくて、また行ってしまいました。

再度、会ってみても、やっぱり可愛くて、ますます好きになってしまいましたね。

何度か通っているうちに、Kちゃんもバツイチで子供がいて、生活費のために、こういうお店で働いているということでした。



それから何度も通っちゃいました。

サービスなんて、どうでも良くて、とにかく会いたかったんです。

あまり夢中になり過ぎても、騙されたりするかもしれないし、ほどほどにしないといけないのかもしれませんでしたけど、そんなこと考えるより、とにかくKちゃんを救いたいと思いました。



半年ほど通った時に、初めてデートしてくれました。

デートと言っても、カラオケに行って、ちょっと歌って後は話をしたくらいですけど。

改めて真剣な気持ちを伝えました。

2回目に会った時は、子供も一緒に遊園地に行きました。

Kちゃんに似てて、カワイイ男の子だったんですけど、すぐに懐いてくれて、周りから見たら家族に見られているかもなぁ、なんて思ってしまうほど、仲良くできましたね。



それから何度か出掛けて、付き合うことになりました。

同時に、Kちゃんはお店を辞めました。

今は一緒に暮らしています。

一番、びっくりしたのは、本名を聞いたところ、苗字が一緒だったんです。

これなら、いつ入籍しても、子供の苗字も変わることもありませんから、その点はお互いに安心しましたね。



今は、とにかく彼女と子供のことを幸せにすることしか考えていません。

出会ったキッカケはなんであれ、心底惚れるような女性と出会えて、本当に良かったです。





このページの先頭へ