外見も内面も自分のことが嫌い…開き直って前を向けるようになった


外見も内面も自分のことが嫌い…開き直って前を向けるようになった



自分のことが、むちゃくちゃ嫌いでした。

外見も内面も、好きになれる要素が全くなくて、ただただ嫌だったんです。

だった」というのは、もう過去の話だからなんです。

今は、それなりに好きになれました。

スポンサードリンク



私の場合、まず外見から言いますと、顔も全く可愛くないし、学生の頃から男子には「ブス」と言われるほどでした。

スタイルも良くありません。

背も低くて小太りですから、最悪です。



性格の方も、良いところがないんです。

外見がダメでも、それをはね除けるくらい明るければ、まだ良いのかもしれませんけど、内気で大人しい性格なんです。

大人しい性格でも、可愛い子だと、人気者になれるんですよね。

おしとやかとか、可愛くて女の子らしいとか、好評価されるんです。



でも私の場合は、外見ダメ、性格もダメですから、「気持ち悪い」とか、悪い評価しかされないんです。

だから、周りからも相手にされないしないし、イケてる人達からは、バカにされてました。

そういう学生時代でしたから、いろいろと卑屈に考えるようになってました。



とにかく、自分に自信なんてないし、自分のことが、嫌いで仕方がなかったです。

どうして、こんな女に産んだんだ!」と、親を責めたくなることもありました。

でも、責めたからと言って、どうなかなることでもないし、もう諦めてました。



開き直って自分を認める!

そんな私も、少しずつなんですけど、自分のことが嫌じゃなくなりました。

良い意味で、開き直れた感じです。

精神的な弱さを改善する方法



この精神的な弱さを改善する方法を読んで、「なるほど~」と思いました。

読めば読むほど、自分のことを、「それほどダメな女じゃないんじゃないか」と思えるようになったんです。

確かに、一般的に考えても、モデルさんのようなスタイル抜群でキレイな人達と比べたら、私なんてスタイルも酷いし、ただのブスです。

性格も大人しいし、一緒にいても楽しくないと思います。



でも、そんな女だって、可愛いと思ってくれる人が、一人くらいいるかもしれません。

性格も「優しい」とか「気遣いができるね」と誉められた経験もあります。

外見も内面も、何一つ変わったわけではありませんけど、いろいろことを一つ一つ認められるようになったんです。



今までは、鏡を見るのも嫌なことがありましたけど、今は、そんなこともありません。

下ばかり見ていましたけど、胸を張って前を向いて歩けるようになりました。

特別に、人生が一変して、幸せになったとかでもないんですけど、自信がついたことで、精神的にもゆとりが持てるようになりました。

人生これからですから、幸せ一杯になれるように、前を向いていきたいと思っています。





このページの先頭へ