好きな女の子と付き合う方法~片思いが実って彼女になってくれた!


好きな女の子と付き合う方法~片思いが実って彼女になってくれた!



気になっていた子と、ようやくデートができることになったんです。

デートといっても、その子が買い物に行きたくて

一緒に行く女友達が、急にムリになってしまったから

たまたまその場にいた僕が、付き合っていくことになった

というだけのことなんですけど。

スポンサードリンク



買い物中は、一応会話はありましたけど、特に手を繋いだり

腕組んだりなんてことは、当然ありませんし

あくまで荷物持ちという感じでした。

買い物を付き合ってくれたお礼にということで

夕飯はご馳走になって、結局、そのまま解散して、帰宅しました。

好きな子と、出掛けられたということ自体は

すごく嬉しかったんですけど、何も出来なかった自分が腹立たしくて。



翌日も休みで、何も予定はないと言っていたので

どこかに誘うなり、そのまま返すことなく

お酒を飲みに行ったり、女性とのデートに慣れてるような男なら

いくらでもプランは考え付くんでしょうけど

何も思い浮かびませんでした。



帰宅してから、明日も誘ってみようかと思ったんですけど

そんな勇気もないし、誘ったとしても

じゃあどこに行くのか

と言われると、女性が喜ぶようなデートスポットも知らないし

本当に自分が情けなくなりました。



女性の扱いが上手いような遊び人とまではいかなくても

せっかく、好きな子と出掛けられたんだから

上手くリードして、それをキッカケに

もっと仲良くなれるくらいにはなりたかったんですね。



ちょうど、その月に3連休の日があって

せっかくの連休なのに、何の予定もないんだよね

なんて言ってたんですね。



それまでに、何とかしたい

と思って、デートの教科書なんてものを学び始めました。

発言から行動、ちょっとした仕草まで

どうすれば、好きな子が自分に興味を持ってくれるようになるか

そんなことが、全て理解することができた感じでした。



それから、連休でのデートを思い切って誘ってみたら

OKしてくれまして

3連休の初日は、お互いに用事があったんですけど

2日目、3日目と一緒に過ごすことができたんです。

さすがに、泊りということではありませんでしたけど。



その時は、会話も盛り上がって

ずっと笑顔でいてくれて、楽しかったですね。

その時も、学んだことを駆使して頑張って洗脳したんですね^^



それからは、不思議なことで相手の方から

頻繁に連絡をくれるようになって

誘いも彼女の方からという感じになったんです。

これなら、大丈夫だと100%確信を持って

告白したところ、付き合うようになりました。



ウジウジ悩んでいたのが、嘘のように

毎日、幸せイッパイに過ごせてます!



デートの教科書 ~初デートからつきあうまでのすべての流れ~





このページの先頭へ