待ちに待った彼女ができて何事にも積極的で幸せな毎日になった!


待ちに待った彼女ができて何事にも積極的で幸せな毎日になった!



好きな女性に告白したけど、フラれました。

以前は失恋すると、悔しくて悲しくて辛かったですけど、ここまで連戦連敗だと、なんだか慣れてしまって、「またですか…」くらいにしか思いませんでした。

でも、やっぱり彼女は欲しい…それでも、どうやったら好きになってもらえるのか、全く分かりませんでした。

スポンサードリンク



初めて、告白というものをしたのは、中学生の頃でした。

同級生の子で、すごく可愛くて大好きだった人がいたんです。

当時の私は、背も低いし童顔で、勉強ができるわけでもなかったですし、クラスのムードメーカーなんてものとは程遠い大人しい性格でしたし、女子からモテるようなこともありませんでした。

好きな子と付き合えるようになるなんて思ってませんでしたし、フラれるのを覚悟して、卒業前に気持ちを伝えたいと思って、告白したんです。

当然、フラれました。

フラれるのは分かっていたとは言え、やっぱり悲しかったですね。



高校生の頃は、気になる子もいましたし、好きになった人もいました。

でも、「どうせフラれる…」という気持ちにしかなれなくて、告白なんてものはできませんでした。

女子の方から好きになってくれることもありませんでしたから、もちろん彼女もできませんでしたけど。



社会人になってから、「そろそろ彼女を作らないと」「このまま一人だとヤバいでしょ」と思い、自分なりにはかなり頑張ったと思います。

でも、全然ダメでした。

明るく振舞ってもダメ、クールを気取ってもダメ、食事に誘っても断られ、告白したらフラれる…そんなことばかり。

もうフラれてばかりで、失恋することが当たり前になってきていて、「やっぱり、予想通り!」という感じでした。



待ち望んだ状況になりました!

でも、このままだとマズイと思ったんです。

負のスパイラルと言いますか、女性と知り合う→仲良くなる→デートする→告白する→「ごめんなさい」の繰り返しにしかならなかったんですね。

最初から相手にされず、食事に誘ってもダメなら、仕方がないと思うんですけど。何度かデートできてフラれるとなると、性格とか人間性を否定されている感じになってしまって、どうして良いのかも分からなくなっていました。



そこで、このようなものを知ったんです。

正しい彼女の作り方スーパー完全パーフェクトマニュアル



これを見たら、まさに目から鱗という感じで、「そうか!!」「ここがダメだったんだね」「分かる分かる!!」ということばかり。

今までの自分のどこがダメだったのか?今後はどうすれば良いのか?ということが、はっきり鮮明に分かりました。

理解できないような難しい内容ではなく、すごく単純なことでした。



正しい彼女の作り方を手にして、4ヶ月ほど経った頃に、待ちに待った彼女ができました。

今までのパターンだと、女性と知り合う→仲良くなる→デートするまでは、上手くいって、その後がダメだったんですね。

今回も、お出掛けまでは順調にいきました。

正直、今までが今まででしたから不安もありました。

でも、「大丈夫だ!上手くいくぞ!」と言い聞かせて、気持ちを伝えることにしたんです。



すると、告白する→OKもらえる!!!という結果になりました。

もう最高ですよ。

彼女がいるというのが、こんなにウキウキした気持ちになれるなんて、思ってもいませんでした。

仕事にも、やる気が出てきてしまって、かなり積極的に頑張っています。

せっかく、自分のことを好きになってくれる女性ができたわけですから、いつまでも好きでいてくれて一緒にいてもらえるように、何事にも頑張っていきたいと思っています。





このページの先頭へ